国際バカロレア

2016年 3月の機関紙では、なんと

the concept of mindfulness has become a global phenomenon and it has particularly profound possibilities in education.

マインドフルネスのコンセプトは全世界的な現象となり、 教育にとって、特別に深慮な可能性を秘めている。

と約10ページに渡る特集を組んでいます。

 

そこでは、マインドフルネスが子供達の集中力、自己認知、共感力、ストレス軽減、クラスの問題解決などに役立っていること、ADHDや精神的な問題を抱える子供達にもポジティブな影響を与えうることなどが事例を交えて紹介されています。

 

Mindfulness has finally made a major breakthrough in education.

マインドフルネスはついに教育において、重要なブレークスルーを起こした。

とも書かれています。世界の教育業界で、マインドフルネスのインパクトがどれほど大きいかを物語っていますね。